モール型ECと自社ECのメリット・デメリットを比較

モール型ECサイトと自社ECサイトを比較

モール型ECサイト自社ECサイトの違いわかりでしょうか。

「オンライン販売を始めたいけどモール型ECサイト自社ECサイトどちらが良いのかわからない」という方のためにこの記事ではそれぞれの特徴やメリットデメリットをご紹介します。

対象読者
  • これから商品をオンライン販売しようとしている人
  • モール型ECサイトだけでなく自社ECサイトの構築を検討している業者

モール型ECサイトとは?

モール型ECとはオンライン上のショッピングモールのようなものです。

実店舗の場合、例えばららぽーとというショッピングモールの中にはいくつもお店が入っていますよね。

それをネット上で行います。

代表的なもので言うと、

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • メルカリ

などがあり、その中での一店舗として出品を行います。

自社ECサイトとは?

その名の通り自社のECサイトです。

独自にドメインを取得して自社のサイトをオープンし、そのサイト上で商品の出品を行います。

これだけ聞いてもどちらが良いのかよくわからないですよね。

では、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

モール型ECサイトのメリット

最初のハードルが低い

自社サイトの準備をしなくて良く、モール型ECサイトに登録することで出品が可能となります。

Amazonを例に見てみましょう。

公式ページの出品案内によると出品の流れは下記の通り。

  1. アカウント登録(出品者の基本情報・本人確認書類提出、クレジットカード情報入力)
  2. 初期設定(代金引換、ギフト注文の受付可否、配送料金の設定)
  3. 商品登録(価格や在庫数、商品画像や商品名・説明文登録)
  4. 注文処理・発送

集客力がある

元々知名度があるので、例えばAmazonなどのページに入ってから商品検索をするユーザーもいますよね。

そういった場合に検索ページで商品を見てもらえることが可能です。

またAmazonタイムセール祭りや楽天スーパーSALEなどのセール時は勝手に大々的な宣伝を行ってくれるのでさらに集客を見込める可能性があります。

サポートを受けられるところもある

モール型ECサイト独自で行っているサポートを受けられます。

Amazonの場合
  • 電話やメールでのサポートが受けられる
  • Amazon出品大学という講座が見られる
  • 分析レポートを提供してもらえる
楽天市場の場合
  • 専任のコンサルタントがつく
  • 店舗カルテという分析レポートを提供してもらえる

というそれぞれ独自のサポート体制があります。

モール型ECサイトのデメリット

サイトデザインを自由に変えられない

モール型ECサイトの中に出品をするので、商品イメージにあったサイトでの出品というのは難しくなります。

リピーターの確保が難しい

ユーザーが商品を購入してくれた場合に付与されるのはモール型ECサイト全体で使えるポイントです。

そのポイントを使ってまた購入してもらえるかはわかりません。

逆に恩恵を受ける場合もありますが、リピーターの確保という点では難しいです。

その他、独自のクーポン発行やメルマガの発行をしてリピーターの確保につなげるというのが難しくなります。

出品料、販売手数料がかかる

サイトによって異なりますが出品料や販売手数料、成約料などがかかります。

代表的なサイトを調べてみました。

Amazon

小口出品(毎月49点まで)大口出品(毎月50点以上)
月額料金なし4,900円
基本成約料商品ごとに100円なし
販売手数料商品代金の総額(配送料、ギフト包装料を含む)の8~15%

その他メディア商品のみ成約料がかかるようです。

楽天市場

出典 楽天市場公式ページ https://www.rakuten.co.jp/ec/plan/?l-id=PC_start_merit-demerit_to_plan

楽天市場は集客力とサポートが充実しているという点から高めのようです。

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは月額料金などはありません

商品が売れた際にストアポイント原資負担、キャンペーン原資負担、アフィリエイト手数料、決済サービス個別手数料などがかかります。

ユーザーがアフィリエイト経由で商品を購入したかやクレジットカードの使用の有無によってかかる金額が変動するようです。

公式ページに料金シミュレーションがあるので試しに100万円の売上があった場合を入力してみました。

出典 Yahoo!ショッピング公式ページ https://business-ec.yahoo.co.jp/shopping/cost/?id=simulation

自社ECサイトのメリット

出品料、販売手数料がかからない

自社のサイトなのでサイト維持費などはかかりますが、出品料や販売手数料はかかりません

ただし、決済手数料は別途必要になります。

サイトイメージを思い通りにできる

自由にカスタマイズ可能なので商品イメージにあったサイトで出品、販売が可能です。

うまくユーザーの心を掴むサイトが作れれば、その結果売上が上がるということも考えられます。

リピーターを確保しやすい

商品購入時に独自のポイントを付与すれば、またそのポイントを使って購入してもらえる可能性が高まります。

その他メールマガジンなどでクーポンやSALE情報を配信し、リピート率をあげることなども可能です。

自社ECサイトのデメリット

集客を独自で行わなければならない

モール型ECサイトの集客力の恩恵は受けられません。

サイト独自のコンテンツを置くなど集客力をあげる努力をしなくてはいけません。

サポートが受けられない

モール型ECサイトが行っているサポートは受けることができません。

自社サイトの準備が必要

自社ECサイトを始めるに当たって一番最初のハードルがこの自社サイトの準備だと思います。

ECサイトは多岐にわたる機能が必要で、全て開発しようとすると数千万円の開発費がかかります。

一般的には、ECに必要な機能を持っているASPクラウドサービスを使い構築します。

以下いくつか代表的なサービスを挙げてみます。

STORES

最近、アンジャッシュの児嶋さんがお祭り騒ぎのCMをやっているショップですね。

最短2分でオンラインストアを公開でき、SNS感覚で始められるのが特徴です。

SNSに投稿されたコメントを見る限り、評判はいいようです。

フリープラン    月額料金無料、決済手数料5%

スタンダードプラン 月額料金1,980円、

決済手数料3.6%

 BASE

スマップの香取さんがCMをやっているので、知っている方も多いかも知れません。

なんと、2021年1月現在130万ショップもBASEで作られているそうです。

シンプルかつ、高品質で、あまりネットに詳しくない人でも使えるように設計されています。

なんといっても、基本無料で使えるところが魅力ですね。

登録料、月額料金は無料。

商品が売れた時にBASE簡単決済手数料、サービス利用料がかかります。

テンプレートによるサイトのカスタマイズやアクセス解析、ブログ、メルマガサービスなどの機能があります。

Shopify

カナダ発のECプラットフォームで、Amazonキラーなんて呼ばれたりもしてます。(日本でだけ)

上記2社は、無料で使いたい、個人事業主だけどちょっとECやってみたいという方にお勧めですが、Shopifyは様々な施策をやりたい、小さく始めてて拡大したい法人向けと言えます。

価格は1ヶ月の売り上げが数十万円を超えるようであれば、Shopifyの方が割安になります。

特徴としては、「拡張性が高い」「越境ECに強い」ことです。

拡張アプリを世界中のエンジニアが開発していますし、元々世界中で使えることを目指したプラットフォームなので越境ECにも最適です。

まとめ

モール型ECサイト、自社ECサイトそれぞれにメリット、デメリットがあります。

手軽に始めたい、集客力が欲しい場合はモール型ECサイトがおすすめです。

集客力に自信がない場合はやはりモール型ECサイトの集客力に頼るのが良いと思います。

コストを安く抑えたい場合や、取扱商品に独自性があり、継続購入してもらえるような場合は自社ECサイトがおすすめです。

また、独自性がある商品の場合でも集客が難しい場合はまずモール型ECサイトで知名度を上げてから、自社ECサイトに切り換えるのも良いと思います。

これらのメリット・デメリットを踏まえ、ご自身の事業にあったものを選び、ぜひとも事業を成功させてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました